【大阪にもある】残業代請求するなら弁護士に依頼!

HOME>トピックス>【大阪で頑張るあなたへ】残業代請求の方法!

目次

残業代請求できるのはどんな時?

残業代を請求できるのはどのような時なのでしょう?まず、所定の就業時間を超えていたのに残業代が支払われていない場合、また、1日8時間を超えて働いているのに残業代が支給されない場合、1週間で40時間を超えて働いているのに、残業代が支給されない場合、午後10時以降に働いているのに深夜割増料金が支給されない場合、休日働いているのに休日労働の割増賃金が支給されない場合です。まずは、残業代がどのくらい発生しているのか計算してみましょう。そして、残業をしているという証拠を集めなければいけません。タイムカードや毎日の勤務時間のコピー、出勤簿のコピーがこれに当たります。しかし、このようなものは会社側で証拠隠滅のために発行されていないことがあります。そんな時に便利なのが、交通系ICカードの定期券の通過履歴です。これらも残業していたことを証明するものになります。また、会社内の時計の写真を毎日写真に記録するという方法もあります。その後、残業代の計算の為に雇用契約書や就業規則等が必要になります。退職前にコピーをとっておきましょう。

残業代請求の手順

まずは集めた証拠を元に残業代の計算をしましょう。面倒な計算になりますが、この作業も弁護士事務所に依頼すれば正確な残業代が計算できます。正確な残業代が分かったら、その金額とともに会社と交渉に入ります。すんなり支払われれば安心ですが、そうはいかないことも多いようです。もしそれで残業代請求交渉がうまくいかない場合は、内容証明郵便を会社に送付します。必要事項を記入して、会社に残業代請求をします。それでも支払われていない場合には労働裁判や訴訟に踏み切ることになります。大阪には残業代請求の相談にのってもらえる弁護士事務所があるので相談してみましょう。

広告募集中